スズキ GZ150 購入のメリット
GZ150の購入を考える時…
スズキGZ150を購入するのはどんな人でしょう?
一番多いのは、管理人のように体力が残っているうちにもう一度大きなバイクに乗ってみたい。死ぬ前(笑)最後に大型バイクを楽しみたい!と思っている人たちではないでしょうか。
そんなバイク購入希望者にとって、総額30万円以下で新車が手に入るGZ150は魅力的です。
150ccのバイクを大型と表現するのは本当に大型バイクに乗っている人に対しては失礼かと思うのですが、ずっと原付バイクにまたがっていた管理人にとっては、250ccクラスの車体は十分に大型バイクなのです。
もちろん本当は250ccや400cc、それ以上の大型バイクに乗りたい気持ちはあるでしょう。しかし値段を考えた時、250ccの中古バイクでも程度が良ければ総額40万円の出費は覚悟しなければなりません。
ならばスズキのGN125のような排気量が125ccのバイクが良いのかと言えば、やはり気になるのがピンクのナンバープレートでしょう。せっかくの大きな車体もピンクのナンバープレートじゃ格好悪いですよね。

SUZUKI GZ150そこで登場するのがスズキGZ150なのです。排気量は150ccですからナンバープレートは白。さらに大きな車体。そして原付バイクにちょっと上乗せした程度の価格で購入できる手軽さ。購入意欲を満たすには十分な条件がそろっています。それにバイクを知らない人が見たら、250ccか400ccのバイクにしか見えません。

GZ150を知らない人でも、これからバイクを購入しようとネットで情報を検索した時、新車で22,3万円のバイクを見つければ必ずどんなバイクか確認するでしょう。アメリカンタイプが好みでなければ他のバイクを探すでしょうが、もし嫌いでなければ、購入候補の1台として最後まで検討すると思います。
そう言った意味では今後販売台数が伸びる可能性がある、人気車となる可能性があるバイクだと思います。

【重要】ホームページビルダーの名前を付けて保存で別名にして保存すると、スタイルシートのリンク構成が変更されることがありますので、フォルダ内でpage.htmlをコピーしてください。(ウインドウズの基本操作ですね)
GZ150の中古市場を予想する
最大のネックは輸入車であるということです。新車販売も台数が伸びるようなら輸入待ちの状態が続く可能性だってあります。現在は発売されて間もないので、どのバイク屋も数台仕入れて様子を見ている状況だと思います。

数年後、このスズキGZ150が中古として出回ったらどうなるでしょう。元々の新車販売価格が22万円程度なのですから、程度の良い中古で18万円。平均は16万円といったところではないでしょうか。
もちろん何かの事情で輸入がストップし、国内販売台数が伸びずにプレミア的な価値が加われば、新車と同じ値段になる可能性もありますが…。

そうなると新車しか手に入らない今以上に人気車になるのではないでしょうか。だって総額20万円そこそこで

が手に入るんですよ。滅茶苦茶お買い得だとは思いませんか?

中古市場で人気車になるということは、保有していて損は無いということです。もちろん売ることを前提に新車を購入する人はいないでしょうが、そんな背景があることも購入を決める大きな要因となるのではないでしょうか。


Page Top



この改行は必要→